スポンサーリンク

作品紹介

動画出典:YouTubeムービー(提供元:Paramount)

作品情報

『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』(原題:Indiana Jones and the Last Crusade)

監督:Steven Spielberg(スティーヴン・スピルバーグ)

出演:Harrison Ford(ハリソン・フォード)、Sean Connery(ショーン・コネリー)、Alison Doody(アリソン・デューディ)、Julian Glover(ジュリアン・グローヴァー)

 

1989年5月24日にアメリカで公開(日本公開は1989年7月8日)。

上映時間は128分。

あらすじ

1938年アメリカ。

世界的に有名な考古学者で冒険家のインディ・ジョーンズは久しぶりの大学での講義後、黒い車に乗った男たちによって豪華なアパートに呼び出された。

呼び出し主は博物館の多額の出資者、ドノヴァン。

曰く、イエス・キリストの聖杯の所在を示す石板の半分を入手し、もう半分を得るためにヴェニスへ調査隊を派遣したが、隊長が調査中に行方不明となってしまったため探索に出て欲しいとのこと。

渋るインディだったが、その隊長が父ヘンリーであることを知らされ、その依頼を受けることに。

大学に届いていたヘンリーの手記を手に、博物館の館長マーカスと共にヴェニスへと向かう。

ヴェニスに着いたインディをヘンリーの助手を務めていた考古学者エリザが出迎え、彼らにヘンリー失踪の詳細を伝える。

エリザと共にヘンリーの失踪した図書館に隠された謎を解読し、秘密の地下墓地を探索していたインディはもう半分の石板を発見するが、謎の集団による通路への放火により妨害される。

地下から命からがら抜け出したインディは襲撃者の一人を捕らえることに成功し、襲撃者の正体が聖杯を守ることを使命とする「十字剣兄弟団」であることをつきとめる。

インディの目的が聖杯奪取ではなくヘンリー救出だと知った襲撃者からヘンリーの居場所を聞き出したインディは、父の捕らわれるオーストリアとドイツの国境にあるブランワルド城へと向かう。

ナチスの秘密基地となっていた城内で、捕らわれていた父と再会するインディであったが…。

スポンサーリンク

レビュー

感想

僕はシリーズの中ではこの作品が一番好きだ。

何より「父との和解」というメインテーマが「トレジャーハント」というメインストーリーを邪魔せず、どちらもバランス良く描かれているのが良い。

神殿の「試練」も過去2作より洗練されていて、少年時代は手に汗握ったものだ。

少年時代の憧れはやっぱり今も色濃く残っていて、トレジャーハントものはいつ観てもワクワクしてしまう。

※僕の少年時代の"スクリーンの憧れ四天王"は『インディ・ジョーンズ』のインディ・ジョーンズ、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のエメット・ブラウン(ドク)、『酔拳2』のウォン・フェイフォン、『マスク』のスタンリー・イプキスだ。

『インディ・ジョーンズ』好きな人には是非ともPS4のゲーム『アンチャーテッド』シリーズと『トゥームレイダー』シリーズをプレイしてほしい。

どちらも優れたトレジャーハントものだし、『トゥームレイダー』に至ってはインディ・ジョーンズの影が拭えずに主人公を女性に変えたという逸話もあるほどだ。

 

おっと、話が逸れてしまった。

そもそも『インディ・ジョーンズ』シリーズは『スター・ウォーズ』(原題:Star Wars)の大成功を受けて喧騒から逃れるためにハワイに来ていたGeorge Lucas(ジョージ・ルーカス)に、同じく『未知との遭遇』(原題:Close Encounters of the Third Kind)の撮影を終えてハワイに休暇に来ていたSteven Spielberg(スティーヴン・スピルバーグ)が相談したのがきっかけで誕生したんだけれど、このエピソードがなかなか面白いので共有したい。

もともと『ジェームズ・ボンド』シリーズを撮りたかったスピルバーグに、ルーカスは「ジェームズ・ボンドよりもいいものがある」と、1973年に書き上げたプロットを紹介。※第1作目『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』(原題:Raiders of the Lost Ark)

ルーカスの希望する三部作という条件に渋るも、このプロットを気に入ったスピルバーグは、ルーカスの「実は続編2作はもうプロットできているんだ」という言葉を信じて監督を引き受ける。

続編に取り掛かろうとしたときになって実は何も考えられていなかったことが判明したという。

しかし、このハワイでの二人のやりとりがこの作品に活きていると思うと観応えがある。

何せインディの蛇嫌い、トレードマークの帽子や鞭、"インディ"の名前などの由来が満載だからね。

もっと作品を楽しむために

感想が長めになってしまったので簡潔に。

 

River Phoenix(リヴァー・フェニックス)が演じた少年時代に出てきたサーカス列車。

映画『グレイテスト・ショーマン』のレビューを読んだ人はもう気付いただろう。

そう、映画『地上最大のショウ』である。

(頻出なのでそろそろ観なくてはいけないような気がしている)

 

この映画『地上最大のショウ』を意識したサーカス列車から本作が始まるのにはちゃんとした理由がある。

以下のスピルバーグのスピーチでも言及されている通り、この映画は彼が人生で初めて劇場で観た映画であり、映画製作への第一歩を踏み出すきっかけとなった作品なのだ。

『インディ・ジョーンズ』の始まりを描くこの作品で、彼は自身の映画人生の始まりに言及しているのだ。

動画出典:Corporate ValleyのYouTubeチャンネル

もっと詳しく
上記スピーチの全文和訳はこちらで。

父との思い出でもあり、自らの映画作りの原点をオマージュした本作、公開から30年近く経過した今も色褪せない名作である。

Paramount Pictures CorporationからWalt Disney Studios Motion Picturesに配給会社が変更され、全米公開が2021年に延期された第5作も楽しみである。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事