スポンサーリンク

作品紹介

作品情報

邦キチ!映子さん

作者:
・服部昇大

連載サイト:
・スピネル

連載期間:
・2017年~連載中

既刊:
・2巻

あらすじ

映画の話を誰かと語り合いたくてたまらない小谷洋一は「映画について語る若人の部」の部長を務めていた。

彼以外に部員がいない部であったが、ある日1年生の邦吉映子が部員勧誘のチラシを手に部室を訪れる。

同志の登場に浮足立つ小谷は映子の好きな映画を当てて見せようと意気込むが、想像だにしなかった返答に絶句してしまう。

映子はクセの強い邦画マニアであったのだ。

映子の偏愛プレゼンにすっかりまいってしまった小谷は映子を「邦キチ」と称し、映画愛を語り満足した映子は入部を決めた。

スポンサーリンク

レビュー

感想

本作はB級トンデモ邦画を主人公が圧倒的熱量でプレゼンテーションしてくれるという超ニッチなマンガ。

取り扱うテーマが既に強烈にエッジが効いているのに、それに邦キチの偏愛が上乗せされて、もはやそのプレゼンは尖りすぎて暴力的ですらある。

それでいながらネタのチョイスや着眼点が最高なので、観る気は起きないんだけどどうしようもなく興味が湧いてしまうという名状しがたい感情を楽しめる。

実写版『魔女の宅急便』で一番好きなシーンは「トンボがキキを張り倒すシーン」なんて言われたらちょっと観たくなっちゃうじゃないか…!

多分観ないけど!

プレゼンの合間に差し込まれる部長・小谷のツッコミが非常に的確でテンポもいいのであっという間に読み終わる。

そして読み終わった後はあの名状しがたい感情が残る…。

 
本作を読んでると、最初の内は圧倒的熱量に振り回されるんだけど、数話読み進めるうちに気付けばB級邦画の楽しみ方がわかってくる気がする。

何なら「またこの監督こういう展開かよ」と観てもいない映画なのに監督の嗜好さえわかったつもりになれるのがすごい。

その映画観たことないのに。

服部昇大のtwitterアカウント(@hattorixxx)からもマンガが公開されているので映画ファンを自称する全ての人に読んでもらいたい。

ハリウッド映画が全てではないと教えてくれる作品だった。

掲載サイトのスピネルでも数話無料で読めるよ。

「珠玉の女性向け作品を集めた無料漫画サイト」らしいが、これは女性向け…なのか…?

もっと作品を楽しむために

筆者の服部昇大は1970~80年代の少女マンガ風の絵柄に不条理なギャグを組み合わせた作風が特徴的。

『日ペンの美子ちゃん』(日本ペン習字研究会の広告マンガ)のパロディマンガ『日ポン語ラップの美ー子ちゃん』をウェブや同人誌で発表しており、公式に2017年より6代目作画担当として採用されるなど、絵柄や雰囲気は折り紙付き。

「美ー子ちゃん」は日本語ラップをツッコミを交えながら愛情たっぷりに解説する「邦キチ」同様の展開なので、興味のある方はこちらも是非。

構成が『日ペンの美子ちゃん』まんまの9コママンガなので非常に展開が早く、「邦キチ」以上に振り回される感が強い。

筆者が長年の日本語ラップファンなので、内容もかなり深め。

僕はこのジャンル全くの初心者なんだけど、どこで使えばいいのかさっぱりわからない知識がついてしまった。

"イルでドープな"世界観に浸かりたい人にオススメ。

日ポン語ラップの美ー子ちゃん (このマンガがすごい!comics) [ 服部昇大 ]

created by Rinker

 

話は変わるけど、「イタコ漫画家」という言葉があるらしい。

既に亡くなってしまった有名漫画家が憑依したかのように本物さながらの画風でマンガを描く人のことを言うようだ。

手塚治虫の絵柄で下ネタギャグを展開する田中圭一(@keiichisennsei

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち [ 田中 圭一 ]

created by Rinker

クオリティが評価され、手塚プロダクション公式の作画ブレーンにまでなったつのがい(@sunxoxome

水木しげるのタッチで文学作品を紹介するドリヤス工場(@driyasfabrik

などなど、作品が書籍化した人物もちらほら。

本家ファンからするとやっぱり賛否両論あるみたいだけれど、こんなにそっくりに描く人が現れるほど広く深く愛されているってことだよね。

すごい。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事